Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配属先であれこれ


9月に家族が二カラグアに来てくれて以降、
なんだかんだでバタバタした日々を過ごしていました。


そう!実は家族が日本から遊びに来てくれたのです!!
このことをブログに書こうといつもおもいながら、書くネタが多すぎて手がつけられずにいますが
いつかきっと・・・(汗)



バタバタの理由は、前回の記事に載せた原爆展の準備、活動に対する技術補完のためのコスタリカ研修など。


そう!実は4日ほどコスタリカに行っていたんです!!
このことをブログに書こうといつもおもいながら、書くネタが多すぎて手がつけられずにいますが
いつかきっと・・・(汗)



けれどいちばん気持ち的にそわそわしていたのは、配属先に関することです。
いろいろ変化がありました。


10月に、プライベートでも仲の良い配属先の同僚のロサが、辞めました。
職員の給料用に送られていた寄付金が減額になったという理由ですが、
本当のところよくわかりません。配属先の何らかの意図があったのかもしれません。

これは結構、ショックでした。

彼女とは、私が配属されてから1年以上の付き合いだったので、
日々働きながら、他愛のない会話のできなくなったことが残念でした。
それでもいまだに、彼女の家を訪ねたりいい関係は続いていますが・・・。


そのあと少しして、もう一人の、私が配属されてからのつきあいだった聾唖のエリサべスも
同じNGO内の他の部署に配属になりました。


これで、私が配属されてからずっと一緒に働けてるのは、部署の責任者である、ベテランのグロリア先生だけ。



・・・そのグロリア先生もなんと辞めることになり。。

これには本当に衝撃でした。

彼女は私の活動場所・障害児の教育センターRayitosをつくった人であり、
この施設で働いて10年近くになります。
彼女があっての、Rayitosともいえるくらいでした。
定年までまだ何年か残っていると聞いていたので、
私が日本に帰るまではずっと一緒に働けるだろうことまったく疑っていなかったので、
ものすごく衝撃でした。
彼女なしに来年からどうやって働いていこう・・・。と。

辞めた理由は、私達にははっきりわかりませんが、
まぁ、施設内でいろいろあったということなんでしょう。

たしかに、いま若くて仕事熱心な教育担当者がいるということで、
(今年の3月から働いている私のカウンターパートのジャーデルさん)
世代交代の時期とみんなが考えたのかもしれません。

それが先週のこと。


さらに、私の部署を担当していた心理担当のマルレ二も辞めることとなり。


そして配属先の経済的な都合で、予定より一週間早くRayitosを閉めることとなりました。

去年の終業式(卒業式?)は、私は特に企画にかかわらずにいて、あんまりその会に面白みを感じられなかったので
(=工夫や子どもたちへの激励や感謝や愛情を感じられなかったというか)

今年は同僚たちとじっくり企画したいなと考えていましたが・・・

あまりに急な変化の多い状況に対応できなくなりそうになり・・・

結局、しっかりと準備することはできませんでしたが、
最低限できる範囲で、
このRayitosに残っている教育担当者のジャーデルさん・ボランティアで働いているペルーのシスター、フアナさんと私の3人で考えて卒業式、やりました。

ジャーデルさんとフアナさんは、向上心が高いし、子どもに対して愛情深く、すばらしいです。
尊敬の気持ちでいっぱいです。
フアナさんも今月いっぱいでペルーに帰国されますが。。泣

この二人についてはいつかゆっくり記事に書きたい。



ということで、卒業式の様子を!!



masakoDSCF4362.jpg

みんなが書いた絵を展示しました。「これ誰が書いた絵かなー?」


masakoDSCF4370.jpg

司会はお手の物、来年からはこの教室の責任者です、ジャーデルさん!

masakoDSCF4386.jpg

行事ではお決まりの国歌斉唱の次は・・・卒業証書授与。

一年間、頑張りました!
証書とともに手作りバッジをプレゼント。「あなたの笑顔にありがとう!Rayitos 2009」


masakoDSCF4385.jpg

masakoDSCF4390.jpg

ぎゅ~~

masakoDSCF4426.jpg


言い忘れてました、この卒業式は午前の教室Rayitosだけでなく、
私が午後に活動しているProgreso(プログレッソ)の青少年たちと、
洋裁教室の生徒たちと合同で。全員で40人くらいでした。
みんなにプレゼント!これは寄付物資の中にあるものからつくったものです。
ぬいぐるみや服やアメなど。。

masakoDSCF4410.jpg


一年間、お疲れ様!!


各クラスから発表。


masakoDSCF4437.jpg

Rayitosからは、毎日朝の会で歌っている、みんな大好き“バスの歌”を歌いました♪


Progresoからは、よさこいソーラン節!残念ながら写真がありませんが、それはもう本当にみんな楽しそうに踊るんです!とかいう私が一番、彼女たちとソーラン節を踊るのを楽しんでいるのですが。


masakoDSCF4439.jpg

心理学担当マルレネさんによる歌の披露。



それから、行事ではお決まりのピニャータ。
紙人形を踊りながら木の棒でたたき割り、中にあるたくさんのアメを落とし、激しく奪いあいます!!
日本にはありませんね、こんな習慣。。

masakoDSCF4453.jpg

masakoDSCF4471.jpg


そんなこんなで、子どもたちとの2009年はあわただしく終わってしまいました。
いまは、重鎮がいなくなったあと、
これまでの体制から学び、いい意味で改革していき、
新生Rayitosをつくっていかなくてはいけません。
みんなで日々、一生懸命会議しています。

私も、すこしでも改善の役に立てるよう、会議に積極的に参加して私なりに頑張ります。


18日まで、来年からの活動に向けてしっかり同僚と意識を共有できるように、
できる努力は怠らないように。




ニカラグアで丸々生活した2009年も、
のこりあと少しです。



masakoDSCF4482.jpg


masakoDSCF4483.jpg



masakoDSCF4481.jpg





スポンサーサイト

Extra

プロフィール

Author:PONPANMAN
1987年3月生。
小学生の頃から、“変人になりたい”と切望。現在まだ、変人になりきれない凡人。たくさんの人間に恵まれて、ここまで大きくなりました。そして高校の時からなぜかあだ名が“ポン”に。現在、横浜の某大学を休学して、青年海外協力隊として二カラグアに在住。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。