Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/16-48acc52f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

原爆の日

8月6日は、広島出身の私にとって特別な日です。(もちろん他にも特別な日はたくさんありますが)

広島では、8月6日が近付くとテレビやラジオでは特別番組が組まれ、祈念式典も大々的に行われ、特別な雰囲気を感じられます。広島ではなくても、平和式典の様子をニュースで見かけたりし、しみじみと原爆の落とされた日に思いを巡らせることがよくありました。

しかし、ところ変われば8月6日への感じ方が少し変わります。

2007年、去年の8月6日は、韓国で迎えました。

70年近くも前の戦時中に性的被害を被った女性たちが共同生活しているところで、日韓の学生が集って、戦時性暴力・日韓関係について・これから私たちの世代がどう関わっていくか・などについて討論する合宿に参加していました。

このとき、素直に黙とうするのをためらったことをよく覚えています。
どうしてできなかったのか。これまで原爆の日には、広島の被害のことしか考えてこなかったからです。日本も戦時中には他国の人々に対して、同じ日本人に対してもむごいことをしてきました。その認識なしに、原爆の日を語れないのではないかと感じたのです。

とはいえもちろん、原爆はおぞましいもので、許されないことだし二度とあってはならないという思いは変わりません。

2008年、今年の8月6日は、ニカラグアで迎えました。

多くのニカラグアの人は、広島に原爆が落とされたことを知っています。歴史の授業で教えられるそうです。なので、「日本のどこの出身なんだ」と聞かれたとき、「広島出身だ」と答えると、多くの人から「原爆が落とされたところだろう」と返ってきます。「いまも苦しんでいる人がたくさんいるんだ」と言うと、驚かれます。苦しみとは、身体的なものだけでなく精神的なもの、経済的なものも含んでのことですが。ニカラグアの人たちは、原爆の話にとても興味をもって、親身になって聞いてくれます。
当事国の日本でも、長い時が過ぎれば風化しかねない出来事、風化させられようとしている出来事がたくさんあります。原爆が投下された日にちがわからない人も多くいると聞きます。わたしも広島に生まれていなかったら、例外じゃないかもしれません。
けれど、なんとなくだけど広島に原爆が落とされたことを知っている人がニカラグアにたくさんいて、そして若いちんちくりんな日本人(私)が原爆投下についてちょっと知っていて、ニカラグアの人に原爆の話をするとします。(個人的な見解というよりは、基本的な情報を・・)その話は、ニカラグアの人たちの原爆に対する知識を少し鮮明にするかもしれません。原爆について・戦争について思いを巡らせるきっかけになるかもしれません。長い年月を超えて、風化と逆のことが私の身の回りで起きるかも・・と思ったら、すごいことだなぁと感じます。
ニカラグアでも、29年前まで、内戦がありました。同じ職場の方で、親戚を戦争で亡くされた方もいます。原爆の話も、ニカラグアの内戦の話もひっくるめて、こっちの人といろいろ話ができたらなぁと思っています。まだ私の頭と耳が追い付きませんが(笑)

2009年の8月6日は、何を思うのでしょうか。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/16-48acc52f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

PONPANMAN

Author:PONPANMAN
1987年3月生。
小学生の頃から、“変人になりたい”と切望。現在まだ、変人になりきれない凡人。たくさんの人間に恵まれて、ここまで大きくなりました。そして高校の時からなぜかあだ名が“ポン”に。現在、横浜の某大学を休学して、青年海外協力隊として二カラグアに在住。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。