Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C27] Revolution for the people!

いいなぁ!良い経験してどうだね!
でも僕も今ポンちゃんに負けないくらい良い経験を日本でしてます。と、言える自信がある(笑)
世界の貧困に目を向ける前に日本の貧困だろという声に半分賛成、半分反対です。でもこの意見多い。
あー、ぽんちゃんと色々話がしたい!ま、あと少しで僕もフィリピン入りです。ガッツリ体中の毛穴からフィリピン堪能してきやす!
何より、体験が大事だよね!
と、抽象的な文面だけでごめんなさい!またね!

[C28] なるほど!

ポンのブログ見ると、なんか考えさせられます。
1つのトラックからいろんなことが考えられる。
ん~たしかに。
そして、ちゃんと物事をいろんな方向から見なきゃなって
感心させられるよ。
ホント。
ありがとう、ポンv-10
  • 2008-08-26
  • 投稿者 : ちぇこ
  • URL
  • 編集

[C29]

元気でやってる?
私は国連大学が主催している5日間の
グローバルセミナーというのに参加したんだけど

「偏り」についてどうしたらよいか、話し合ったよ!!

結局「グローバル化」と呼ばれる現象で
貧困が生まれる要因は構造的で、
誰かに責任を取らせるわけにはいかないんだけど

しょうがない、といって動かないことは許されないよね。

やっぱり一人一人の意識改革とか
抽象的だけど、地道な活動は不可欠なのは確かかなと思った!!
  • 2008-09-07
  • 投稿者 : kana
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/17-8ab38791
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

偏ってる

先日、私の職場に、とてつもなく大きいトラックがやってきました。幅3メートル・縦幅は軽く15メートルはありました。写真を撮れなかったのが惜しいくらいです。

中身は、車椅子から、松葉杖から、おもちゃから、洋服から、カーテンから、おむつまで、大量の寄付物資でした。ほとんどすべてアメリカからのものだったと思います。(ちなみに施設創始者であるシスターはアメリカ出身)

これらの物資はその後、この施設の活動のために使われたり、障がい児を持つ貧困家庭に配られたりします。

それにしても、あまりにも大量すぎて、ものを取り出しても取り出しても先が見えないという感じでした。おかげでニカラグア男性のたくましさを実感することができました(笑)

ふと思いました。

トータルで考えて“モノ”は、世界中にはたくさんある!
ただ、それが置かれている場所がひたすら偏ってるんだ!!


・・・と。

“寄付”と聞くとすごくいい響きがしますが、それは当り前のこと、当たり前のモノの流れなのではないかと思いました。モノがたくさんある場所から、ない場所へ。砂場に山と谷があったら、シャベルで山を削ってその土で谷を埋めて平坦にするような・・。

でも、どうでしょう、

そのモノたちは自分たちが一生懸命生み出したもので、それを誰かに無償で与えるのは当たり前の行為ではないかもしれない。温かい思いがあってこそできる行為かもしれない。

自分たちが汗水たらしてつくったものでないが、必要なものだしお金もかからないなら、もらえるならもらいたい、と感謝の気持ちなしにモノを受け取ることは当たり前の行為ではないかもしれない

そう考えると、単に砂場の山と谷にたとえられる話ではないのか。

しかし、与えるほう・受けとる方の人間両方が、同じように人生を一生懸命に生きていたとして、そのなかで余裕と不足があるのなら、それは埋め合わさせるべきなのではないか、と感じずにはいられませんでした。

トラック一つから、学べることは多いですね。

私は「いただきます」と「ごちそうさまでした」という言葉(行為)が好きで、ニカラグアでも続けています。おいしくご飯が食べられる幸せを感じ、そして目の前にご飯が準備されるまでの過程を想像するのが楽しいからです。誰がこの豆を栽培したんだろう・・この卵はどこで産まれたんだろう・・なにを考えながらチーズを揚げたんだろう・・。
こんなこと考えなくてもご飯はおいしく食べられるかもしれませんが、ご飯の向こうにヒト(生き物)の姿が浮かぶと、感謝の気持ちをもたずにはいられません。

トラックも同じかもしれません。
トラックに寄付物資を荷積みするときに、ニカラグアの人たちの姿を思い浮かべられたら・・
トラックから荷降ろしするときに、寄付してくれた人の姿を思い浮かべることができたら・・

穏やかな気持ちで、謙虚な気持ちで、気持ちよく世界が平らになる・・かもしれません。
なったらいいです。

masakoDSCF6603.jpg

マタガルパの風景です。見晴らしがとてもいいです!
スポンサーサイト

3件のコメント

[C27] Revolution for the people!

いいなぁ!良い経験してどうだね!
でも僕も今ポンちゃんに負けないくらい良い経験を日本でしてます。と、言える自信がある(笑)
世界の貧困に目を向ける前に日本の貧困だろという声に半分賛成、半分反対です。でもこの意見多い。
あー、ぽんちゃんと色々話がしたい!ま、あと少しで僕もフィリピン入りです。ガッツリ体中の毛穴からフィリピン堪能してきやす!
何より、体験が大事だよね!
と、抽象的な文面だけでごめんなさい!またね!

[C28] なるほど!

ポンのブログ見ると、なんか考えさせられます。
1つのトラックからいろんなことが考えられる。
ん~たしかに。
そして、ちゃんと物事をいろんな方向から見なきゃなって
感心させられるよ。
ホント。
ありがとう、ポンv-10
  • 2008-08-26
  • 投稿者 : ちぇこ
  • URL
  • 編集

[C29]

元気でやってる?
私は国連大学が主催している5日間の
グローバルセミナーというのに参加したんだけど

「偏り」についてどうしたらよいか、話し合ったよ!!

結局「グローバル化」と呼ばれる現象で
貧困が生まれる要因は構造的で、
誰かに責任を取らせるわけにはいかないんだけど

しょうがない、といって動かないことは許されないよね。

やっぱり一人一人の意識改革とか
抽象的だけど、地道な活動は不可欠なのは確かかなと思った!!
  • 2008-09-07
  • 投稿者 : kana
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/17-8ab38791
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

PONPANMAN

Author:PONPANMAN
1987年3月生。
小学生の頃から、“変人になりたい”と切望。現在まだ、変人になりきれない凡人。たくさんの人間に恵まれて、ここまで大きくなりました。そして高校の時からなぜかあだ名が“ポン”に。現在、横浜の某大学を休学して、青年海外協力隊として二カラグアに在住。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。