Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/58-88b34f50
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ニカラグアでの1年

2008年6月23日、
ニカラグアに着いた日です。

あの日から早くも1年が経ちました。
早くも?
いや、毎日がすごく長く感じてしんどい日もありました。
けど終わってみるとあっという間。

最近は、「あと一年でニカラグアを去るのかー」としみじみ感じてしまうことが多い。
感傷に浸るにはまだ早い気もしますが。。

日本に住んでいることを考えてみれば、
いまここニカラグアで生活していることが非日常だけど、
その非日常が日常になったいま、
この日常が日常でなくなってしまうのかと思うと切ないです。
いつもお世話になっている同僚の家に遊びに行っては、
あー別れたくない、と思ってしまいます。



先日、配属先で活動を始めて約一年が経ったということで、
私の配属先の同僚と、私の活動の評価をするために、
担当のボランティア調整員(ボランティアが活動をしやすくするための調整係)の方が
私の配属先を訪ねて来てくれました。

自分の1年間の活動を振り返るいい機会。
何をしてきたのかな、自分??


始めは、教室の状況に慣れるのに精一杯。
大変だという意識はなかったけど、
日本の状況との違い(基本的なしつけのなさからくる生活態度とか)、
スペイン語で話される中での状況把握、
同僚や子どもとうまくコミュニケーションがとれない・・・。

今思うといっぱいいっぱいだったなーと思います。
2日くらい、気持ち的にどうしてもしんどくなって(という実感はなかったけど)
からだがどうも教室に向かわず休んでしまったことがあったけれど、
それも今考えると、
そういう時期もあったんだなーとしみじみ振り返れたり。

それから少しニカラグアでの生活に慣れてきて、
教室の状況、同僚の仕事への意識がなんとなく把握できるようになった頃、
自分が言いたいことをずばずばと同僚の人たちに言っていたと思う。
うまくニュアンスが伝えられずに、
しかもスペイン語もおぼつかない若僧があーだこーだ言うことに対して、
同僚の人たちはいい気持ちもしないことも多かっただろうけど、
みんないつも耳を傾けてくれた。
本当に私は同僚に恵まれたと思う。

このころ教室の状況にすごく不満をもっていて、
それを改善しようとしているように見えない同僚をみて余計不満を感じていました。
そう思って毎日、どうしようどうしよう、何ができるかと焦っていたけれど、
今思うと、人手不足でどうしようもなく出来なかったこともあったなと冷静に振り返れる。
まだ自分には、状況を客観的に見てなにが不足していて、なにが原因でこういう状況になっているのか、分析する力がまだまだ足りないなと気づかされました。
困難な状況を目の当たりにすると、すぐに感情的に状況を解釈して自分に原因を求めすぎてしまうところがあるので・・・。(いや、もちろん自分にも原因はありますが。それをしすぎて周りをみれなくなるのはよくない、と言う意味で)

今年に入ってからは、
さらに素晴らしい2人の同僚に恵まれて教室の状況が随分変わった。
これまで、活動(工作・朝の会とか)をするのに自分の力だけじゃ子どもをまとめられないから
同僚の助けをわざわざ求めていたけど、
新しい同僚二人が来てからは
自然に助けあって活動ができる。
人材が違うとこうも変わるのか!と言う感じで。



随分前から、
私はいかに“役立つマンパワー”になれるか、
と考えて活動していました。


私は特別教育のスペシャリストではないし、
社会人の経験を生かしてプロジェクトを企画・遂行するというような働きが上手く出来るわけでもない。

その中で私はニカラグアの同僚と一緒に並んで活動して、
同じように授業のローテーションにも入れてもらって、
つねにより良くしようという意識をもって活動しようとすること、
ただ子どもたちと丁寧に接すること、
尊敬する、特別教育の先生にアドバイスいただいた
“伝え合うことの喜び”を感じあえるための基本的な注意事項を意識して
1年間過ごしてきたつもりです。

すごく初歩的なことだし具体的なことではないけれど。
それだけは忘れないようにやってきたつもりだし、
これからも継続していきたいです。


けれど、こんなスローペースな一年を経てみてやっと、
もっと視野を広げて、
自分の活動を広げていけたら・・・
いけるんじゃないか・・・
と思い始めている今日この頃です。

悔いのないように、
自分の思いついたアイディアにはどんどん食いついていってみようと思います。


今後は、ブログにもっと活動報告ができますように(笑)
いや、ちゃんと働いてないわけではないんですよ(笑笑)




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/58-88b34f50
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

PONPANMAN

Author:PONPANMAN
1987年3月生。
小学生の頃から、“変人になりたい”と切望。現在まだ、変人になりきれない凡人。たくさんの人間に恵まれて、ここまで大きくなりました。そして高校の時からなぜかあだ名が“ポン”に。現在、横浜の某大学を休学して、青年海外協力隊として二カラグアに在住。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。