Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C14]

アメリカよりは、キューバやベネズエラ、ボリビアなどと仲良し。
↑最高!

日本は、今日福田さんが、ブッシュと仲良くオリンピック参加を表明してました。共同会見で。ほんと、仲良いわ、日本のトップとアメリカは。

細かい情報ありがとうね!
もし良かったら、米帝コーラは350mlで幾らだとか、豚肉はXgで幾らだとか分かったら教えて下さい。気になるところです。

また日記更新マジ楽しみにしてまーす!!!

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/7-18d6ec97
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

少しづつみえてくること

ニカラグアの基本情報について。
事務所で聞いた話です。
ニカラグア国民の半数が、一日2ドル(220円くらい)以下の生活をしている。一か月の平均所得は90ドル(1万円くらい)。政党は、急進左派とされているサンディニスタが多勢です。アメリカよりは、キューバやベネズエラ、ボリビアなどと仲良し。

・・・と言われると、貧しい国なのか。という印象を受けませんか。または思っていたよりも・・と思われるかもしれませんね。私はニカラグアに来る前に、物資もあまり揃っておらず貧困層の人々の姿が目立つのだろうと思っていました。

しかし、大きい街に出てお金を惜しまなければ日本と同じような洋服、靴、鞄、電化製品なども売っています。日本にあるシャンプーや化粧品だってあるし、電化製品だってあります。モノ自体はあるのです。最小限のものだけを持ってきた私なんかより、現地の同世代の人たちの方が断然おしゃれです。

拍子抜けしちゃったところもありますが、しかしこれを誰が買えるのか、どのような頻度で買うのか。日々の生活の中で、それらのもの(日本に置いてあるようなもの)がどのように位置づけられているかは、少し違うような気がします。

ニカラグアに来てすぐ、そのように“日本と大差ない”と思ってしまった私ですが、ホームステイと授業が始まってから日々の生活の中で細かな気付きがありました。

しっかりと倹約をしていること。
使わない電気は消す。長時間つかわない時はコンセントも抜く。食器などはまとめて洗う(これは倹約に関係ないかも・・)

多くの家の屋根がトタン。
もちろんしっかりとした屋根のうちもたくさんありますが、中庭などはわりと簡素です。

試験用紙が、先生の手書きの紙。
コピー機はあちこちにありません。お金もかかります。

shukuDSCF5914.jpg

私たちが通っている語学学校。一階はホテルです。

セロテープは短く、そして再利用。
白板には磁石を付けられず、掲示物などはテープではります。無駄に長く使わず最低限に、そしてうまくはがせられたら次の掲示物に使います。
さきほども言いましたが、ボールペンも売っているし、コピー機もある店にはあるし、電気もあるにはあるのですが(よく停電しますが)、必要以上に使わないことが当たり前だし、やはり必要以上に使うお金もないということかもしれません。
自分がこのようなことに気づけるというのは、まだ自分が同じリズムで生活していないことの表れともいえるかもしれませんね。

このような第1印象も大事にしたいですが、これからニカラグアに二年間住むわけですから、第2印象、第3印象、4,5,6、・・私次第でいろんなものが見えてくるのでしょう。

楽しみです。

shukuDSCF5913.jpg

玄関でぼーっとしてた男の子。どの家の玄関も窓も、防犯のためしっかりと鉄格子がされています。


あ、私は元気です。公園でゆっくりしてたおじさまたちと一緒に。
shukuDSCF5912.jpg
スポンサーサイト

1件のコメント

[C14]

アメリカよりは、キューバやベネズエラ、ボリビアなどと仲良し。
↑最高!

日本は、今日福田さんが、ブッシュと仲良くオリンピック参加を表明してました。共同会見で。ほんと、仲良いわ、日本のトップとアメリカは。

細かい情報ありがとうね!
もし良かったら、米帝コーラは350mlで幾らだとか、豚肉はXgで幾らだとか分かったら教えて下さい。気になるところです。

また日記更新マジ楽しみにしてまーす!!!

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/7-18d6ec97
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

PONPANMAN

Author:PONPANMAN
1987年3月生。
小学生の頃から、“変人になりたい”と切望。現在まだ、変人になりきれない凡人。たくさんの人間に恵まれて、ここまで大きくなりました。そして高校の時からなぜかあだ名が“ポン”に。現在、横浜の某大学を休学して、青年海外協力隊として二カラグアに在住。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。