Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C120] 一度に全部は無理です

相変わらず難しいことを考えていますなあ。
ぽんちゃんの年齢で、自分の言葉で語られたら
私どもの年齢の人間が生きている価値がありません。

仕事でもそうですが、まずは真似から入って何年もたって
自分のスタイルが出来上がっていくのです。
その間に、試行錯誤、落ち込んで喜んで、幾多の試練を
乗り越えて、自分のスタイルができあがったり
自分の言葉で自分の考えが語れるようになるのです。

ですから、今あなたが目指しているものは、
あなたの年齢では目標が高すぎますなあ。
だから、達成できずに苦しむのではないですか?

今持っている目標が、5年後10年後に達成できれば
よしとして、今はその土台づくりの時間だと思っていたほうが
良いと思います。

自分の小さな成長を喜べる人にならなければ、
人の成長も喜べる人にはなりません。
自分の小さな成長を評価して、次の大きな目標への
糧にしてください。
応援していますよ。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/71-567574d3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

日々のつぶやき(何回め?)


元気です、ポンパンマンです。
随分更新が滞っていました・・・。

なぜ最近バタバタしているかは、11月に下旬にお知らせできたらと思っています。


日々のつぶやき。
この題名で記事書くの、何回目になるのかわかりませんが(笑)

これは自分が、とある方に送ったメールの内容の一部です。


   *  *  *


ニカラグアで生活していると、いろいろと考えることも多いです。


日本という国について、

ニカラグアという国について、

“先進国”“途上国”とは何だろう、

そう呼ばれている国の間の“援助”ってどういうことだろう、

宗教のこと、

人権のこと、

男女の関係のこと、

家族関係のこと、

内戦・争い・革命のこと、

自分のこと・・・。



いろいろ考えていく中で、これらの物事を“自分の考え方”で考えていたつもりでしたが、
実はそうではないのではないかと気付きました。
“自分の考え方”って何だろう?と思うようになりました。

私は大学に入ってから、パレスチナ問題を追いかけるジャーナリストの方との出会いをはじめ写真家の方、日韓の歴史問題に携わる人々、東南アジアへの支援をするNGOの人たち、国家の圧力に立ち向かう教員の方・・・
これまでに出会ったこともないような多くの人たちに出会い、お話を聞かせていただき、影響を受けてきました。

もちろんそれ以前にも多くの人から刺激は受けてきましたが、
自分の理解が追い付いてさらに“思想”・“生き方”・“社会の見方”という側面からいろいろ刺激を受けるようになったのは、協力隊としてニカラグアに来る前の数年間です。

いつもみなさんに興味深いお話を聞かせていただき、その真摯な姿に感動を覚え、憧れのようなものさえ持っていたと思います。
そういう風に自分も考えられるようになったら素敵だな、と。それらの考えが“正しい”とすら思っていたかもしれません。

ニカラグアでいろいろと考えごとに出くわす度に、私はそれらのみなさんから聞いた言葉をもとにして頭を働かせていました。
けれど最近やっと、それが自分の言葉ではないことに気付きました。
私が、“素敵だな”と思う考え方を、受け売りで利用して、
それがまるで自分の考えだと思い込んでいたようなところがあったように思います。

それは自分が自ら歩いて探して見つけ出した答えとしての考え方ではありません。

もちろん、人の話を聞くことでそれを自分の中の考えと比較したり補ったりしていくことでさらに自分の考えを深めていくものだと思いますが、
自分には当時、確固とした自分の考え方というものはなかったので、皆さんの話と自分の考えを戦わせることなくスッと入っていたのでしょう。

ニカラグアに来てから、その“学んだ”考え方と、自分の感じるもののあいだに差を感じることがしばしばありました。
その差を感じるうちに、あ、これは自分の言葉ではないのではないかと気付くようになりました。

とにかく、人の話をたくさん聞き、たくさんのことを学びながらも、どんどん自分から足を動かして、頭を動かして、思考をめぐらせて
“自分の言葉”をつくっていくことができるように、
と気付いたところです。



   *  *  *




先日、日本から村落開発の専門家としてニカラグアでお仕事されている方について、
小さな村の農民対象に行う、“技術移転”の前段階である“自己啓発”や“モチベーションアップ”を目的に置いた研修会に参加してきました。
とても興味深かったので、またブログで紹介出来たらと思っています。

その中で印象的だった研修内容の一部。


「必要性→自覚→決定→取り決めづくり→実行」



とてもシンプルですが、とっても明確。

この言葉が自分の中にすっと入ってきました。




頭での理解ができたなら、

やることの方向性が見えてきた=自覚できたなら、

歩きましょう。








スポンサーサイト

1件のコメント

[C120] 一度に全部は無理です

相変わらず難しいことを考えていますなあ。
ぽんちゃんの年齢で、自分の言葉で語られたら
私どもの年齢の人間が生きている価値がありません。

仕事でもそうですが、まずは真似から入って何年もたって
自分のスタイルが出来上がっていくのです。
その間に、試行錯誤、落ち込んで喜んで、幾多の試練を
乗り越えて、自分のスタイルができあがったり
自分の言葉で自分の考えが語れるようになるのです。

ですから、今あなたが目指しているものは、
あなたの年齢では目標が高すぎますなあ。
だから、達成できずに苦しむのではないですか?

今持っている目標が、5年後10年後に達成できれば
よしとして、今はその土台づくりの時間だと思っていたほうが
良いと思います。

自分の小さな成長を喜べる人にならなければ、
人の成長も喜べる人にはなりません。
自分の小さな成長を評価して、次の大きな目標への
糧にしてください。
応援していますよ。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://171717171717.blog116.fc2.com/tb.php/71-567574d3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

PONPANMAN

Author:PONPANMAN
1987年3月生。
小学生の頃から、“変人になりたい”と切望。現在まだ、変人になりきれない凡人。たくさんの人間に恵まれて、ここまで大きくなりました。そして高校の時からなぜかあだ名が“ポン”に。現在、横浜の某大学を休学して、青年海外協力隊として二カラグアに在住。

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。